男性を夢中にさせるLINEテクニック

気になる男性の連絡先をゲットできても、LINEのやりとりで幻滅させてしまっては次のステップに進めません。
そこで、意中の男性とLINEするときのポイントについて説明します。

1、絵文字は適度に使う

かわいい絵文字がたくさんあるので、つい使いたくなりますが、男性に対して多用は禁物です。かといって使わなすぎるのも可愛げがなく、そっけなく見えてしまいます。相手の使用頻度に合わせて、バランスよく使うと自然なやりとりができます。

2、「?」を入れて返す

相手から聞かれていることに答えているばかりでは、男性からするとやりとりがしんどくなってしまいます。また、自分のことばかりで「俺には興味ないのかな」と思わせてしまいます。会話の流れを崩さないように、適度に質問をするようにするといいです。

3、返事はすぐ返さない

男性は、手に届きそうで届かないものを追いかけたくなるものです。いつもすぐに返すようでは、追いかける気がなくなってしまいます。気になる男性からのLINEにはすぐ返信したくなる気持ちも分かりますが、グッと堪えて、少し時間をおいてから返すことで、彼もあなたのことが気になり始めます。

4、仕事や他のことをしているときは返信しない

仕事の合間や、趣味の合間に、意中の男性からのLINEが気になるのはよく分かります。すぐに開いて確認したくなるものですが、これはおススメしません。彼のことばかりを優先して、他の大切なことが片手間になるような状態は長続きしないですし、付き合ってからもいい恋愛はできないでしょう。するべきことをしているときは、そちらに集中し、彼とのやりとりをするときは、ゆっくり彼と向き合うというのが賢いやり方です。

5、ノリのいい内容にする

相手とのやりとりに慣れてきたら、男性の様子を見ながら、冗談を言ったりして、ノリのいい内容を送ってみるのも効果的です。男性が、「この子とのやりとりは楽しい」と思ってくれれば、好感度があがり、相手にとってもあなたからのLINEが楽しみになるでしょう。

6、言葉遣いに気を付ける

LINEでは、ガサツな言葉は避け、柔らかい言葉遣いをするといいです。女性の言葉遣いが汚いというのは、男性にとっては論外。それだけで彼女候補から外れてしまいます。また、文章だけのやり取りなので、どうしても冷たい印象になってしまいがち。話す時以上に慎重に言葉を選ぶことが大切です。

まとめ

少し気を付けるだけで、男性が受ける印象は全く違ってきます。

女性の感覚からすると理解しにくい部分もあると思うので、男友達に相談するというのも効果的です。
男性心理を考えたやりとりができれば、意中の男性との距離を縮めることができるでしょう。