ヨガはダイエットだけでなく、バストアップにも良い!

ヨガはダイエットによいと注目を集めていますが、実はバストアップにも効果的です。どうしてヨガがバストアップによいのでしょうか。

リラックス作用

女性ホルモンはストレスの影響を受けやすく、ストレスを常に感じていると自律神経が乱れて女性ホルモンの分泌が低下します。女性ホルモンの分泌が少ないと、胸が小さくなってしまったりハリが低下します。

ヨガにはリラックス作用があります。深い呼吸をしながら意識を集中してポーズをとることでリラックス作用を得られます。

イライラしたり不安なときは呼吸が浅くセカセカと息をしていますよね。ヨガはゆっくり息を吐いて大きく吸い込む腹式呼吸をします。ゆったりした呼吸が自律神経を整えてリラックス作用をもたらします。

血流がよくなる

バストアップをするためには、胸に女性ホルモンや酸素と栄養を届けなければなりません。血流がよくなることでバストアップに必要な物質が胸に届きやすくなり、バストアップが期待できます。

ヨガには筋肉をほぐして血流をよくする働きがあります。高温多湿の環境で行うホットヨガは、通常のヨガよりも高い血流改善効果があります。

姿勢がよくなる

ヨガの胸を開くポーズは自然と筋肉がほぐれて、胸を支える大胸筋を鍛えることができます。

猫背になると肩が丸まり、胸が下を向いた状態になります。大胸筋は縮こまり胸の形が崩れます。胸を開くポーズ以外にも、ヨガにはバストアップに必要な筋肉を鍛える働きがあり、姿勢がよくなって上向きの胸に近づきます。

よい姿勢を維持しようと思っても筋力が少ないと姿勢を維持しにくいですが、ヨガで筋肉を鍛えることでよい姿勢を維持しやすくなります。

バストアップによいポーズ

どんなポーズでもヨガを継続することでバストアップが期待できます。でも、バストアップ効果が高いポーズもあります。

木のポーズは肩から背中をほぐしてよい姿勢を作ります。太陽礼拝のポーズは全身の血行をよくします。ねじりのポーズは自律神経を整えて、女性ホルモンの分泌を整えます。