プエラリアサプリメントの効果と摂取注意点

バストが大きくなる理由は、ホルモンの分泌による働きによるものです。まずバストのサイズアップを狙うなら、女性ホルモンを分泌させることです。

しかし、分泌させようとして自身の思いにて意識的に脳から分泌させるなんてことは非常に困難です。そこで一番手っ取り早い方法としては、サプリメントで女性ホルモンに似た作用を持つものを摂取することです。

一番有名なのはプエラリアではないでしょうか。プエラリアとはタイ北部等の亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科の植物です。根が大きな塊状になるのが特徴で、それは若返りの薬として食用にもされていました。

この植物中に女性ホルモンとよく似た性質を持った物質である植物性エストロゲン・イソフラボンが多く含まれているのです。イソフラボンと言いますと大豆にも多く含まれていることでも知られていますが、プエラリアのそれは大豆の40倍もの含有量です。

そして、大豆イソフラボンにはほとんどないプエラリンという美乳効果を持つ成分も大量に含まれていることが分かっています。このことから、プエラリアは摂取することでバストのサイズアップだけでなく美乳作りが見込めるのです。

また女性ホルモンの活性化により、更年期障害の辛い症状を軽くしたり、美肌作用の効果も期待できます。古来から食用として現地人が口にしていた食品である植物ですが、サプリメントとして成分を濃縮されたものについては過剰摂取に注意を払うことが大切です。

その効果の強さから逆に女性ホルモンのバランスが崩れてしまったりするのです。肌荒れ・ニキビから頭痛・吐き気、体重の増加、生理不順・不正出血、不妊に至るまで、また女性特有のがんの罹患率が高まることもあります。

適切な量の摂取を心掛けるのが非常に大事になります。そして何らかの疾患を持ってる女性には特に、プエラリア摂取はお薦め出来ません。もし、プエラリアを摂ることが出来なくても悲観することはありません。

バストアップの方法としてはサプリメント摂取より安全なものがたくさんあります。胸周りのリンパマッサージなんかは老廃物を流し柔らかく形の良いバスト作りに期待が持てます。

効果が出るまでには時間がかかるかと思いますが、自身で行うことでお金はかかりません。

財布の紐を緩めてサプリメントを買い摂取することでバストアップするのも一つの手段ではありますが、手軽に効果が出るものはリスクも考慮することが必要です。

お腹周りもしっかりとダイエットするための注意点

ダイエットをする理由で一番多いのは、やはりお腹周りを見たからだと思います。お腹だけ痩せればそれで良い、と言う人も少なそうですが、ダイエットに成功してもお腹がぷっくりしていると言う人は意外に多いです。

姿勢が大事

お腹周りのお肉は、生命活動にも重要なモノなので、痩せすぎては困ります。なので余計なお肉を少し取り、その後のぽっこりを解消するのは引き締めになります。引き締めるには筋肉を付けるしかありません。

体幹トレーニング等が有名ですが、その他にも姿勢が重要です。腹筋、背筋を継続的に使うと言うのもありますし、見た目を綺麗にするのに役立ちます。

タンパク質を意識して摂る

お腹周りを解消するには筋肉が重要なので、それを維持するタンパク質もしっかり摂らなければなりません。タンパク質を制限するダイエットもありますが、それは痩せる時だけで、その後の維持には必要です。

鳥の胸肉、大豆など色々ありますが、現代の普通の食生活では足りないと思って間違いないでしょう。タンパク質の多いモノは高カロリーだったりもしますが、嫌煙してはダメです。足りないと折角脂肪を減らしてくれるお腹周りの筋肉も減少していって、痩せたけどぽっこりお腹、になってしまうんですよね。

問題なのは下腹

お腹周りの上の方は比較的簡単に痩せる事が出来ます。問題なのは下腹です。この部位がいつまで経っても変化しないのは、日常生活などでもあまり使わない部位だからです。

下腹の筋肉を使う動きとしては、ひねる事と足を上げる事です。

どちらもあまりやるものではありません。なので、ダイエットのメニューにひねったり足を上げたりする運動を組み込みましょう。普段使わないせいもあって、少しやっただけでかなり効果的な運動になります。

下腹が引き締まってくると、便秘解消なども期待できるので更に効果はアップします。

二の腕、太もも辺りも気になる部位ですが、男女ともにお腹周りが一番でしょう。ダイエットは成功、でも今度はお腹ダイエットしなければ、と言うのでは二度手間なので効率よく行きたい所です。